読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Winding Road

手探りで進む曲がりくねった道。その先でしか本当のものとは出会えない……

真央の向こうに透けて見える光景

真央の周りで起こることを眺めていると、

この国の「どうしようもなさ」と、この国の文化の虚弱さがとてもよく透けて見える。

 

忘れっぽく、

公私の区別なく、

視野が偏狭で、

行動の基準は極めて独りよがりで、

簡単に「何か」を信じて、

「何か」に依存し、

うまくいかないと「何か」に憤り、

まさに稀代の怠け者気質。

 

真央の周りを見ていると、

私の中にもある、そのまったく醜悪で救いようのない、治りようもない虚弱さを

これでもか、これでもかと見せつけられるのである。

 

最近、この虚弱さと醜悪さは日本人に限ったことではなく、人間に共通する普遍的なものだと思い始めたが、それにしても、本当に、ひどいものだ。

 

私が真央を見つめ続けるのは、

そういう自分の中にも確実に存在する「醜悪さ」を忘れないため、なのかもしれない。

 

真央を応援する。

それは実際とても忍耐のいる修練なのかもしれない。

だから最後まで応援したいと思うのだ。

「何か」に決して飲み込まれたくないから。