読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Winding Road

手探りで進む曲がりくねった道。その先でしか本当のものとは出会えない……

しかし、エネルギー保存の法則からは誰も逃れられないのだ

ここまで生きてきて思うのは、

エネルギー保存の法則からは誰も逃れられない、ということだ。

 

平家物語の冒頭を初めて読んだとき、小学生の私は、

「これって、エネルギー保存の法則じゃん」と思い、

真理ってやつから人は逃れられないのだ、と思い知った。

 

数学で絶対値を学んだときも、

「あー、またエネルギーは保存されているってことだ」と思い、

真理は巡り巡ってひとつながりのものなんだと悟った。

 

幸せも、不幸せも、

幸運も、不運も、

苦渋も、充足感も、

同じ量になるようにできている。

死ぬまでには、帳尻があってしまうのだ。

 

その帳尻合わせから人は逃れられない。

 

理不尽な今は先払いだと思う。

理不尽さも、やっぱり帳尻が合うようになっている。

幸運は無尽蔵ではないのだ。

燃やせば、燃えかすが残る。

みんな同じだけのエネルギーを抱えて生まれてくるのだ。

派手に見えるか、地味に見えるか、程度の問題で、本質では大差無し。

 

真理は無慈悲で、しかし慈悲深い。