読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Winding Road

手探りで進む曲がりくねった道。その先でしか本当のものとは出会えない……

講演会で涙流せば免罪されるのなら、法律なんていらない。

 

酒をいっしょに飲んだからって、

やってはならないことをやった知り合いを

あなたは擁護するんですか?

 

何、勘違いしているのよ?

 

何かのせいにすれば、全部問題が解決すると思っているあなた自身の

偏狭な考え方が、

この社会をろくでもないものにして、

本当に守りたいものを守れなくしているんじゃないの。

 

ペンペン草も生えなくてなってから、

「あー間違っていた」と気づくような

しょーもない人生を歩みたくないから、

みんな戦っているんだよ。

 

そうやって、ネジが吹っ飛んでしまった奴らを擁護していればいいさ。

 

本当に信じられないよ、その浅はかさ。

 

何を見て、何を聞いて、何を読んでいるんだろう?

 

世界中の笑い者になっていることも知らないなんて。

 

今や日本人の感覚は世界の非常識。

それにいつ気づくのか。

誰にも相手にされなくなってから?

 

本当にこの社会の壊れっぷりはハンパないね。

 

 

世も末だねえ。

 

HDDドリル破壊、

白紙領収書、

資料破棄、

政治資金の往復還付請求、

国有財産のダンピング

黒塗り、

部下への責任のなすりつけ、

携帯水没←今ここ。

 

子どもに善悪の基準をどう教えればいいのかね。

道徳ガー、とか、

愛国心ガー、とか、

もはやネタとしか思えない。

 

能書き垂れる前に憲法の条文を精読して、

中学校の公民の教科書で勉強し直してほしい。

 

納税するのがむなしくなるわ。

やる気なくす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すけおたさんへ

 

これだけは断言する。

 

寿司友マスコミを嬉々として受け入れているから、

肝心なときにたいへんな思いをするんだよ。

 

 

誰かに幸せにしてもらう。

誰かに豊かにしてもらう。

 

「誰か」を頭から信じれば、自分は救われ、思い通りに暮らせる。

 

そんなお花畑な「思考停止」がどれほど多いか、

よくわかる。

 

「誰か」の中身なんざあ、関係ねえ。

信じればそれでいい。

 

そう言われて、信じるなんて、それって怠慢じゃないの?

結局自分はぬくぬくとしていたい。

それだけじゃん。

 

「〇〇は悪くない。」

こういう発想、非常にまずいと思うよ。

自己弁護でしょ、結局。

何にも覚悟のない自分に対する。

 

私、何もやっていません。

何も考えていません。

何も覚悟していません。

でも、自分が大切に扱われないと嫌です。

思い通りにならないと我慢なりません。

覚悟を要求されるなんてまっぴらです。

ぬくぬくと、濡れ手に粟の人生が望みです。

 

そんな人にただひたすらに覚悟をもって挑む人の応援ができるわけないと思うんですけど。

恥ずかしくないのかな? 我が身の体たらくが。

 

 

つまらないわけ

お笑いがつまらないわけがわかった。

 

最近、テレビ、見ていないなあ。

 

うしろで流しているだけで。

 

 

子どもたちもすっかり見ない。

 

ヨウツベのほうが面白いってさ(笑)。

 

ゲームもしない。

 

図鑑の方が面白いって(笑)。

 

 

テレビの未来も、

お笑いの未来も、

なかなか厳しいねえ。

 

まったくもって…

「まったくねえ、教育勅語なんかを子どもたちに暗唱させるんなら、

 聖書を教えてあげるべきですよ。

 小さい無垢な子どもにこそ、

 自分の身だけを守る方法を教えるのではなく、

 周りの人を許し受け入れる寛容を教えなくてはならないと、

 私は思っています。

 自分という存在もまた、寛容によって存在を許されているのですから」

 

まったくもって、その通りでございます。

人生初のありがたいお説教でした…。