読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Winding Road

手探りで進む曲がりくねった道。その先でしか本当のものとは出会えない……

ファンタジーすぎる霞ヶ関

いったいぜんたい、どうなってんだ?

現物が出ているのに、

「文書を確認できない」と大見得切るその根性…。

 

霞ヶ関の人間には、

人としてのプライドと良心のかけらもないってか。

 

いったいあなたたちはなんのためにそこに存在しているのか?

 

いったいあなたたちはなんのためにこれまで努力をしてきたのか?

 

「上の圧力に屈するために、

今まで努力してきた」

とでも言いたいのか?

 

悔しくないのかね。

恥ずかしくないのかね。

パワハラに屈するだけでなく、

人間としての良心も手放し、

これからどうやって生きていくつもりだというのだ。

 

あんたたち、自信を持って、これからも、自分の子どもに説教できるか?

正しく生きろと言えるか?

法を守れ、倫理を持てと言えるか?

 

「上の圧力に屈した奴がどのツラ下げて言えるよ!」

 

そう自分の子どもに切って捨てられる未来も、

想像できないほど、

うぬの脳みそは、

ものけのからか。

 

恥ずかしい。

本当に恥ずかしい。