読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Winding Road

手探りで進む曲がりくねった道。その先でしか本当のものとは出会えない……

無策のつけ

浅田真央の凄さばかりを痛感させられるworld2017

 

一人、どれほど努力してきたのか、

その才能がどれほど凄まじいものであったのか。

 

スケ連はしてやったりの代表選考だったかもしれないが、

(うまくいけばスケ連の手柄にして、

 選手の将来を意のままに操る圧力団体になる気だったのだろう)

ノーミスでも9位がせいぜいなんて、

厳しすぎる現実だ。

 

三原選手がノーミスだったとしても、

カロの上になんとか潜り込めたくらいだろう。

 

ノーミスでもこの順位というのが、

今の日本の実力なのかと思うと、

井の中の蛙だったことを嫌というほど思い知らされる。

 

日本選手は何を目標に戦ってきていたのだろうか?

 

浅田真央フィギュアスケートとはどうあるべきスポーツなのか?

フィギュアスケート選手がアスリートであり続けるためにはどのように競技と向き合うべきなのだろうか?と苦悶しているとき、

いったい他の選手はどこを目指し、何者になりたいと願い、練習していたのか?

 

何をしたいのだ? 君たちは?

順位がほしいだけなのか?

ただメダルがほしいだけなのか?

 

どうしたいのか全く見えてこないこの現実が何よりも厳しさを物語っていると思う。