読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Winding Road

手探りで進む曲がりくねった道。その先でしか本当のものとは出会えない……

見苦しい

まったくもって最後の最後までどうしてこう見苦しいジャッジを続けることができるのか不思議でならない。

場当たり的で考え無し、哲学無しに、理屈無し。

こんなことを来年のオリンピックでも見せられるのかと思うと、

競技としての存在価値すら怪しくなる。

 

「終わりの終わり」が見えてきた。

そんな感じでしょうか。

 

偽物が一番でなかったことがせめてもの救い。